システムエンジニアで頑張る日々の記録


by txqmbxvba4

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 自民党は26日午前、党本部で内閣・外交・国防合同部会を開き、海上自衛隊によるインド洋での給油活動を復活させる特別措置法案を決めた。週内にも党内手続きを終え、国会に提出する。同法案は、活動期限を2年などとした以外は16日に失効した新テロ対策特措法と同内容。 

辺野古移設「かなり難しい」=普天間めぐり−沖縄知事(時事通信)
<上げ馬神事>馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
「めざましテレビ」がプロデュース 銀座の目玉 全国の名産品集合(産経新聞)
国公立大2次試験の受け付け開始(産経新聞)
テレビ東京が岡崎市に逆抗議「むしろ心外」(産経新聞)
[PR]
by txqmbxvba4 | 2010-01-31 11:29
 富山県黒部市宇奈月温泉の老舗旅館「延楽」が、仲居としての就労資格がないと知りながら中国人を働かせていた事件で、中国人の在留資格変更を申請した東京都墨田区の男性行政書士(70)が、警視庁組織犯罪対策1課の事情聴取に「ブローカーに頼まれて、これまでに約200件の申請を行った」と話していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。同課は同日、入管難民法違反(不法就労助長)などの疑いで、延楽の男性社長(59)と行政書士を書類送検した。

 捜査関係者によると、行政書士は中国人ブローカーの男(33)=同法違反罪で起訴=から依頼を受け、「平成20年4〜12月ごろにかけ、約200件の中国人の在留資格変更を申請した。報酬は1件あたり約1万円だった」と供述。延楽はブローカーの仲間が経営する人材派遣会社を通じて、中国人を受け入れていた。同課はブローカーらが大規模な不法就労にかかわっていたとみて調べている。

篠山紀信氏 公然わいせつ容疑で書類送検 路上で裸体撮影(毎日新聞)
「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)
大久保秘書の公判延期=西松建設事件−東京地裁(時事通信)
郵便局強盗300万奪う=電車で逃走図り御用−千葉県警(時事通信)
<留学生>長期の外国人生徒数、初の減少 08年度(毎日新聞)
[PR]
by txqmbxvba4 | 2010-01-29 22:25